そろばん教室 珠光学院:先生ブログ

そろばんのことや日々の事柄を書きます。
<< 冬、真っ只中です!(*_*) | main | 新年度スタートを前に(^^)/ >>
梅の花が咲き出しました!

久しぶりに近辺を歩いてみると、赤や白の梅の花がきれいに咲いていました。梅

寒い北風を受けながらもなにかホッとできますね笑い顔

梅・桃・桜とこれからはピンク色が日本列島を埋め尽くしていきます!

やはり「春」は日本人にとって最も待ち遠しい季節です春

 

となると、卒業式も入学式も「桜」が合う、ということは3月、4月が良いのでしょうかね~

でも、生徒たちの健康面を考えると、厳寒時の入試は出来れば避けたいです。

12月上旬の入試はいかがでしょう!

クリスマスもお正月もスッキリと楽しく迎えることができますよ。

今、とやかく話題の文科省の方々も自分の天下り先を考える前に、これから背負っていく若い芽の成長をしっかりとみてほしいです!

 

私の仕事も1月〜3月はメチャ忙しいです(>_<)

寒い中、毎週のように日曜日が埋まってしまいます。

そこへ小学校のボランティア授業が入ってくるので、自分の塾の仕事をやりくりしながら何校かに出向きます。

今年も新しく要望のあった小学校に行くのですが、1クラス39名と今では多い生徒数ですが、私が小学生の頃は1クラス56名で3年生の時に新人の先生でしたので、先生もさぞや大変だったことと思います。

それでも大した問題もなく、父兄会では先生よりはるかに歳のいった父母たちを前に、顔を真っ赤にしてお話していました。

(その時の恩師はまだ健在で85歳、毎年行われるクラス会のご出席いただいています。)

先日もある小学校長とお話をしていて、「一番の教育現場は家庭である」と認識が一致いたしまた。

基本の「家庭内躾」がおざなりになっている子が多くなっているようです。

家庭でのコミュニケーションがうまく取れず、(話さなくともメール、絵詞、で会話ができるので…)

子供たちの問題に親が出てきたり、

学校内の事にも口をはさむ親も多く、

学習障害の一歩手前の子でも天才、秀才と思い込んでいる親も多いようです。

また、親業をマスターしていないで親になった人も多く、遡った教育が必要かも…です。

 

私の教室でも子供たちに何か興味を持つ事柄が見つかればと…あらゆるジャンルの話をしますが、何を話しても乗ってくる子が少なくなりましたがっかり

また、知識にも乏しく、「鉄橋」が解らない子が半数以上います。

これはいつも安心と便利で、親がドアー・ツー・ドアーで移動している結果なのです。(6年生でも知りませんでした(>_<))

 

「経験が一番の教育です」

「かわいい子には旅をさせろ!」です。

 

子育て中のお母さん、好奇心のある子に育ててくださいね!

 

19日は算数検定です。

問題を見るのではなく、よく読んで解答しましょう!

 

 

 

 

0
    | 南雲初江 | そろばん | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |










    一番上へ