そろばん教室 珠光学院:先生ブログ

そろばんのことや日々の事柄を書きます。
<< ようやくこのページに戻ってこられました!)^o^( | main | 全国大会も終わって… >>
子供たちは夏休みに入ったけれど…

このところギラギラ太陽が少し顔を引っ込めてホッとできる日々ですね!

この暑さの中、珠算界はイベントがいっぱいなのです。 子供たちが休みだからでしょう!

私の所属する学校連盟の全国大会が31日、日珠連、全珠連も8月上旬に全国大会があり、研修会もあちこちで開催され、日本国中を行ったり来たりです。

それにしても同じ珠算を指導し、習っているのになぜこんなにいろいろな連盟があるのでしょうか?

一つにまとまれば大きな力となれるのに… 一般会員は皆「珠算界」として検定も競技会も一つになって、広告宣伝も大きくできるのに…と思っているのに上のほうの役職の人は「それはできない!」と言います。

 

 やってみようと動きもしない<`ヘ´> 政治の世界も考え方で政党が分かれていますが、私たちの珠算は「そろばん」を教えることがメインなのですから、それぞれの連盟が少しづつ歩み寄って、新しい方向性が見いだせるともうのですが… (どこの一般会員の方々もそう思っています) これも人間の持っているわがまま「わが身可愛さ」「保身」のせいなのでしょうか?

 

最近、「学習障害」を持つ子の入塾が増えてきています。 見た目は普通の子なので、体験では見つからないことが多く、何日か授業を行っていくと、「アレ???」と感じる子がいます。(ほとんどは健常児ですが…)

ただ、親御さんが「わが子は普通の子。これは個性」と受け止めているので、こちらとしてもなかなか言い出せにくいのが本音です。 学校では親の対応が怖くて、先生方もスルーしてしまっているような気がします。

すぐに教育委員会や文部科学省に連絡をしてしますので、事が大きくなってしまいがちです。

子供を信頼することは大切なことですが、何事も過多はダメです。 親子で過ごすことの多い夏休みにご自分のお子さんを見直してみてはいかがでしょうか?(*^_^*)

0
    | 南雲初江 | そろばん | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |










    一番上へ